>

高齢者が利用しやすい歯医者とは

診察時の高齢者への配慮を確認

歯医者さんが頼りがいあるか

様々なことが進化を続けています。
それは歯医者さんの診療の関しても言えることでしょう。
新たな治療や施術が生まれ、負担を軽減しながら治療ができるようになりました。
とはいえ、専門家でなければ分からないことも多いものです。
ましてや高齢者には分からないこともさらに増えます。
新しくなることは分かっても、何故このようなことをするのか、それが何につながるのか、分からないまま診療を受けると不安も生じます。
大切なのは、今の状態がどんな治療をすべきなのか、そしてここではどんな治療を始めるのかを分かりやすく説明できる歯医者さんであることです。
説明不足のまま適切な診療をしても、信頼感は生まれません。
治療を受ける高齢者に分かりやすい表現で治療内容を説明する歯医者さんは頼りがいがあると言えます。

分かりやすい環境に配慮しているか

高齢者や介助者にとって頼りになる歯医者さんとは、不安のない治療をしてくれる歯医者さんです。
例えお口の状態が悪く、難しい治療が必要になるときでも、正確な情報を提供するということだけでなく、分かりやすく説明できる配慮があるのかということは大切なポイントです。
とくに高齢者にとってお口の健康維持は、より重要度の高い項目となるでしょう。
自分の健康な歯で好きなものを食べることができる環境があることは、食欲の面で大きな張り合いとなります。
つまり健康寿命を維持するためにもお口の健康は欠かせないところなのです。
重要な部位を治療してもらうのですから、治療内容が難しくては心配してしまいます。どんな治療があるのか、痛みや苦痛はどの程度長引くのか等、患者さんの心情に配慮があることも併せて確認しましょう。


この記事をシェアする